自分で作る

エスカレーター

近代では日曜大工の工具などがホームセンターなどで1セットが一万円もあれば買い揃える事が出来る時代になりました。 古い時代ではこれ程に安く買える事は無かったと言われています。 そしてその為、日曜大工が活発になり人によっては飼い犬の家などを自分で作ったりするケースがあったりと、DIY的な分野も多様化してきました。 DIYとは、自分で家具家財を作る言葉を意味します。 元々の英語の意味はDo It Yourself、と綴りを書きます。 そしてカタカナ読みではドゥーイットユアセルフと発音し、意味は「自分で行う」という意味があります。 その為、何か家具家財を作る時のDIYとは日曜大工としての意味合いが強く使われる事が多々あります。

日曜大工で何かを作ろうとした際には、一番大切なのは設計図の存在になります。 これは自分で書き下ろし、細かい部分のパーツ毎の長さなどを調節する為に必要な行為でもあります。 仮に適当に木材を切りパーツを目測だけで繋げてしまったとします。 そうなると日曜大工で作った家具の収納スペースの部分が斜めになっていたり、脚の長さが合わずに普通に立たせる事も出来ず、後になってヤスリやノコギリで長さを調節しようとしても他の釘打ち済みの部分に負荷を与えて、壊れやすくなってしまう為でもあります。 これを防ぐ為に設計図で細かい長さの補足や記載やメモを行い、そしてヤスリで木材のなめしを行う作業の重要性なども記載して木材の長さの調整や、収納スペース部分に木のトゲが出てきたりしないようにする必要があります。 DIY大工で重要なのは、根本的な基本に基づいた設計図である事は何ら変わらず、これを重要視しなくては収納や角の構造などにミスを起こして収納部分に入れたかった荷物も入れられないというケースも起こりえます。 初心に帰り基本から行うという事が大切であるという事です。